競馬予想をするプログラムの開発

コンピュータでレース予想中央競馬ではレース結果などの様々なデータがダウンロードできるサービスが存在しています。この専用のデータを用いることによって、現在は独自に競馬予想のプログラムを開発することができます。競馬予想プログラムでは、各競走馬のレース結果を指数化することが多くの場合で行われています。この競走馬のレース結果の指数化はタイムを基本としてコンピュータで計算をしますが、各種の補正をさらに行うことで精度を上げるようにしています。補正としては馬場が良から不良までの条件を考慮したり、競馬場の違いなどを考慮していきます。このように各競走馬のレースを指数化した後は、指数を使った予想のプログラムを開発をすることになります。予想プログラムでは、まず競走馬の指数を基本として狙い馬を絞っていくことになります。しかし、レースごとに重要なファクターを抽出して、指数による予想に加味をしていくことで、予想の精度を上げるようにしていきます。例えば、先行馬の少ないレースでは先行馬を中心に狙い馬を絞っていくようにし、逆に先行馬が多いレースでは差し馬を中心に狙い馬を絞るようにします。また、今回のレースで距離適性が高い馬や競馬場の実績が高い馬も、指数以上に評価を高くするようにコンピュータで計算をするようにします。このように競馬予想のプログラムを開発した、勝率3割超えを果たすことが可能になってきます。指数に加えて様々なファクターを用いると、単勝においては勝率が3割超えるようになってきます。しかし、単勝では人気馬を狙いとすることが少なくないために、高配当をとる機会は少ない状況が生まれてきます。そこで、競馬においては波乱があるから面白いところがあるため、高配当の馬券がとれるように連勝馬券も狙えるようにします。連勝馬券では、有力な軸馬のほかにヒモ馬を選ぶことになってきます。このヒモ馬では競馬予想プログラムを使うと、思わぬ人気薄馬が抽出できる場合が出てきます。人気薄馬が馬単や3連単の馬券に絡んでいくると、かなりの高配当を得ることが可能となってきます。このような大きな万馬券を年間に何度か当てることによって、競馬予想プログラムでは回収率を伸ばすことができるようになります。なお、競馬予想プラグラムではすべてのレースの予想をコンピュータで行うことから、競馬の開催レースのすべてを購入することが可能となっています。そのため、多くのレースに参加することによって、回収率は比較的低くても大きな回収額を出すことができます。
勝率3割超えを目指すシステム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です