プログラム通りにはいかない競馬

僅かな誤差の確率みなさんは、競馬予想のプログラムを使用してみたことが有りますでしょうか?競馬予想のプログラムを使用したことが有る人なら知っていると思われますが、なかなか勝ち続けることは出来ないでしょう。プログラムなので、過去のデータから計算をして、勝率などを予想していくような形になっているのですが、実際にレースをするのは、サラブレッドとジョッキーという生き物なので、そんなに当たるかと言われたら、当たるものでも無いのです。競馬予想新聞などのメディアでも、過去のデータから計算をして、勝ち馬の予想を出しているのですが、その予想を鵜呑みにしても、競馬は当て続けることは出来ないでしょう。実際に競馬で勝てている人は、競馬場にも実際に足を運んで、馬の状態を確認している人ばかりのようです。そういった勝ち続けるために、人知れず心がけている努力があってこその賜物なのです。そういった人達の、勝つためにやっている努力などは、競馬予想サイトでおこなっているブログなどで確認できますので、競馬で勝つことが出来ていない人は、一度は目を通してみることをオススメします。予想と確率は切っても切れない関係で、過去のデータから、これからおこなわれるレースの勝ち馬を予想するのは当たり前ですが、競馬予想サイトにて、実際に勝っていてブログを書いている人も、そのサイトの予想からのデータを参考にしているだけではなく、自分が実際に競馬場に足を運んで得た、イメージなどを元に予想をしているのです。そして、実際に年間トータルで勝ち続けている人達は、自分自身の考えを元にまとめてある、過去のデータから計算しているので当てることが出来るのです。プログラミングを学んだことが有る人なら知っていることなのですが、プログラムはデータベースから、過去のデータの数値を呼び出し、その数値から確率を割り出して、その結果を表示してくれるだけといったものなのです。つまり、先にお伝えしたような、人間的なイメージといったようなファジーな考えは一切無いので、幅広く考えることは出来ないのです。素人なら、過去のデータから計算して当て続けるなんてことは出来ないでしょう。
そうなると競馬予想のプログラムを頼ってしまい、自分の予想というものが無くなるに等しくなってしまいます。本当に、競馬で勝ちたいのならば、競馬予想のプログラムに頼るのでは無く、競馬予想サイトで実際に勝ち続けていて、ブログなどを任されている人の情報を知るべきなのでは無いでしょうか。
馬の機嫌で崩れるプログラム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です