カテゴリー別アーカイブ: 競馬とは…?

これから競馬を始める方へ

レースの醍醐味これから競馬を始めるという方へ伝えたいのは、競馬は勘ではなく、必然だということです。これは自分の体験から癒えることですが、データが全てであって、そのデータに基づいた確率の問題だということです。
ですから、競馬の当たりはずれというのは、そのデータが不足しているか、もしくは不十分ということであったり、間違いがあったりということで予想が当たらないということがおきると考えられます。
というのは、レースというのは全くの想定外ということはほとんどおきません。逃げ馬はやはり逃げますし、追い込み馬は追い込んできます。
ただ、レースの分析というのは非常に膨大なデータを必要とするので、この膨大なデータをどう分析するかというところで誤ってしまうことがあるということです。この謝る要因としては、人は偏った見方をどうしてもしてしまうということがあります。いわゆる偏見というものです。この馬は最近調子がいいとか、今日はなんだかやる気がありそうだとか、父親が偉大だったからとか偏見はいろいろです。そのような偏見をなくして完全にデータを集めて分析をすることが出来れば、確率の問題として競馬は見ることが出来るでしょう。
ここで大切なことは確率ということです。確率というは100%のことをいうわけではありません。100%のものは予言といいます。ですから、予言は外れることはありませんが、確率というのは想定される事態がおきること割合を数字で表したものです。この確率が高ければ予想は当たる率が高いということになるわけです。
確率で競馬を考えることが出来るようになれば、考え方が変わってきます。つまり、100戦して100勝ということはありえないということが分かります。データが完璧ではないわけですから、100%のり勝ちということはないわけです。となれば、出来ることはデータの質をよくして、この勝率を上げていくということが大切なことだと分かります。よく初心者の方はプロの予想もあてにならないなどといったりもしますが、これは確率で考えることを知らないからです。プロの方は確率で考えるようになっています。全てのレースで予想をあてるというのではなく、確率の高いレースであてていく、ということをすることです。これが初心者とプロの違いといえるでしょう。ですから、プロの人はデータ収集に余念がありません。これは少しでも確率を上げようとするためで、単に勘で勝負をするのとは全く違います。
よちよち歩きのお馬さん